庭の植木の剪定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

庭の植木の剪定

庭。田舎暮らしするとあるといいね。でもね。庭の管理意外と大変。その庭の管理の要が実は庭木の剪定だと僕は思っております。

なんでかというと、まぁ、畑の管理といっしょで、一番の目先の敵は雑草くんなんです。でも、庭木が適正に刈り込まれていないとその株元にある雑草は簡単には除去できないわけですよ。張り出した枝に邪魔されながら、うーんうーんと言いながら届かない株元に道具を伸ばして刈らねばならないわけです。

そんで、木って適度に切ってあげないと、新芽を出さないんです。古くなった部分を自分で切除しないから古い枝が残っていくわけです。それがあると新芽は出ない。つまり、ある程度、切り込んでいくことが健やかな成育を促すのです。

よって、雑草対策にも、庭で目に付く樹形を保つためにも庭木の剪定はまず、取り組むべき庭管理のポイントとなってくるわけです。あと、やると景色が目に見えて変わるので非常にモチベーションもアップします!

なので、庭の木の構成は大切です。日本庭園風の庭なんて、観るのはいいのですが、けっこう管理は大変ですよー。僕は移転後の楽屋では作りはシンプルにして、ハーブガーデン的な感じにしようと思っています。ハーブガーデンを作りたい人は是非いっしょにやりましょ~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*