畑の設計の具現化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

畑の設計の具現化

作付け計画というものがある。どんな野菜をどれくらい、どこに作るかということだ。建物を建てることにたとえるなら、設計図面といったところかな。
でも、図面だけじゃ建物は立たない。実際に測量したりして、どこに何を設置するかを計って、実際に物理的にものを動かしていく必要がある。
畑でも、まずはトラクターで更地にして、畝(うね)を決めて、種を播いたり、苗を植える場所を作っていく必要がある。

畝を立てる場合と、トラクターできれいにした真っ平らな畑に直接種をまく場合がある。どちらを選ぶかは耕作者のやり方や、そこの土による。

紐をまっすぐに引いてそれに沿って、種まき播き機を走らせる。間隔でまっすぐ進もうとしても中々真っ直ぐにはいかないんだよな。長い期間使う畑なので、えーいとやってしまう僕も紐を使ってまっすぐにする。気持ちがいい。

今年は畝たてもやってみた。その場合は耕運機で畝を立てるのだけど(手でやってもいいがかなりキツイことになるだろう)、紐に沿って耕運機を走らせても上手くいかない。耕運機の躯体が当ってしまって、紐がブレてしまって上手くいかないのだ。

そこで、考えてた。耕運機に決まった長さの棒をつけて、となりの畝との距離を一定にすれば、いいのではないか。そうすれば、始めの畝がまっすぐならば、同じ距離を走るのだから、そのとなりの畝もまっすぐになる。やってみたら大成功!

畝を立てると、水はけが良くなるし、大雨のときに水没しない。ちょっとの段差だけど、太陽光の当る面積が増えるから地温も上がりやすい。こういう少しの差が大きな違いを生むんだよね。

生き物のお世話は正解はない。そのときにできる自分の精一杯を適切な配分でやることが正解といえば正解。あまり手をかけすぎても、他の作業ができなくなったら全体として成り立たなくなるし。全体のバランスが大切なのかな。

昔から色々なところでいわれている、中道を行くということか。何かを際立たせるために、ところどころ敢えて尖がったことをやるのはいいと思う。でも、それは全体をまとめるためのことと認識できることじゃないとね。そうすれば、バランスと尖がったところが矛盾なくできるね。

それができれば、極端と中道を両方駆使できる、緩急のある楽しいアドベンチャーライフが送れるな。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*