種まき後の豪雨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

種まき後の豪雨

台風の季節は冬野菜の種まきであったり、苗の定植の時期であったりもする。

肥料を畑に入れて、耕運し、畑の準備を行い。満を持して種を播く。

耕運したことにより、畑の土はふかふかである。

「おお、良い土だなぁ」と思いながら、種まき機をころがす。
気分はルンルンである。

あと、もう少しで、播き終わるかなというときに、暗雲立ち込めていた空がさらに暗くなり、にわかに風が強くなる。

天気予報をみると、少しの時間雨が降る予定だったのだ。
種を播いて、いい具合に地面が湿って、いいぞいいぞという感じであったのだ。

案の定降り始めた。
よしよし。

すると瞬く間に雨脚は強まり、もう、豪雨、ごおおおおううううう!

一瞬にして畑は川。
いやマジで。

僕は軽トラの中から川をみていました。畑じゃないっす。あれは川です。

ふかふかにした地面は面白いように流れ。
種を播いた溝は川の本流となっています。

さて、次の日は思いっきり晴れていました。
畑に来て見ると、写真のようにヒビわれ。
地面はガチガチ。

つまり、畑の土の空気は雨に叩きつけられて押し出され、
陶芸のために練った土のようになってしまったわけです。
もちろん、種は芽吹けません。
若干出たものがあっても、生育はだめでしょう。
ある程度育ってからであれば、なんとかなりますが、
種まき直後の超ふかふかの10分後にやられたら、もうアウチです。

やれやれ、ルンルン気分で播いた種は全て、播きなおし。
おっと、その前に、トラクターで耕運しなおし。
自然の力、やべー。

教訓、
雨雲レーダーは見てから種まきをしよう。
畑の畝は立てよう。種まき溝が川にならないように。(まぁ今回のようなケースは無駄だったと思うけど)

いや、マジでアドベンチャーな豪雨だったなぁ。
ゲリラ豪雨が年々やばくなっている気がする。
小学生のころ、大雨だとなんか学校休みかなとドキドキしたような気持ちを思い出しつつ、現実の災害は甘くないという苦い心もありつつ。そんな畑事件の日でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*