生活的楽しみ

タンドールでナンを焼き食べる

タンドールでナンを焼き食べる。

非電化工房の後輩のあべゆかさんのワークショップ。
彼女の主としているワークショップは、タンドール窯自体を作成するものなのだけど、今回はお気軽にナンを焼いて、カレーと食べるというもの。

少人数の知り合いと、いっしょに秋の温かい日差しの中で美味しいものを食べるのは幸せ。

あべゆかの軽トラキャンピングカーの旅の話とか、バーベキューの話とか、佐渡島の話とか、養蜂の話とか、人と交流すると色々なことを交換できる。普段あまり意識しないことだけど、これって意外に凄いことなんじゃないかしらと思う。

ナンとカレーと楽しい会話で時間が過ぎてしまって、農家民宿的な紹介をし忘れてた・笑。
でも、こういうユルイ雰囲気なのもいいなぁ。それに加えて、ちゃんと紹介したり、楽しんでもらえる形も整えておこう。

それにしてもタンドールは応用範囲広そう。
ピザとか魚焼くとか色々とできそう!

お料理“思考”教室

お料理“思考”教室

先日、料理業界に転職された方がいらっしゃった。施設関係の給食の職業だそうだ。僕の調理師としての最後の職場は特別養護老人ホームのキッチンだった。色々とお話を聞いて、自分の経験や技術を、職場で生かしてもらえるようにお話した。

僕は色々な方面にフラフラしていたので、料理業界のエリートの人みたいに「センスで」みたいな料理をできない。もしもセンスというものが発揮される場合があったとしても、それは頭で咀嚼して納得した思考で基本形を作り、その上でのセンスである。

つまり、感覚だけでつくるのではなく、僕は自分なりの理論から料理をする。

料理技法は、刺身、汁物、煮る、焼く、蒸す、揚げる、炒める、などの基本的なものとその派生があり、それに麺、飯、和え物、デザート、などメイン以外のスタイルがある。

それに、和洋中エスニックなどの地方特有のフレーバーがあり

そして、甘い、しょっぱい、辛い、苦い、酸っぱい、旨いなどの味覚がある。

大体、上記のようなものの組み合わせで料理はできている。
それらを、食材、時間、予算、目的などの制約の中で「おいしいなぁ」と感じる組み合わせで、作り上げていくのである。

大切なのは、心の満足だと思う。それを実現するために思考する。
料理は現場に立っている人が最強だと思う。
高級料理は高級料理人、
家庭料理は、その家の主婦、
大量調理、ファインレストラン、
ホテル、大衆料理屋
どの料理が良いという絶対的な尺度はないと思う。
あるとすれは、それは心の満足の違い。

僕が作る場合は、民宿のお客様にシンプルに美味しい野菜を食べてもらうように作る。
塩だけとか、蒸すだけとか。野菜の味が良くわかる。
そういうのも上記の組み合わせで、作れる。

他の料理人の方々がどういうメソッドでお料理をしているかはわからない。
20代後半から料理業界に入った僕は、経験でカバーしきれないところを、自分で本を読んだりして、自分なりのメソッドを作っていくしかなかった。
それは、世界最高級店の料理ではないかもしれない。
でも、目の前の食材から、満足いく食べ物を作ることができるメソッドだと思う。
農家民宿 楽屋のコンセプトである「自給的暮らし」にはぴったりなのだ。

ということで、
僕も、自分なりに考えてきたこの御料理思考を人にお裾分けしてみようかなと思う。
今回、実際に教えてみたことで、さらにまとまってきた。

簡単に言ってしまえば、ある食材で、レシピがなくても、料理が完成できる方法である。

移転作業もやっと落ち着いてきたことだし、
こういうお料理教室を、自分の有機無農薬野菜でやってみてもいいかもしれないなと思う。

自由にバーベキュー

自由にバーベキューをする。

先日、お庭のハーブガーデン作りを友人の正木さんが手伝ってくれた。
その後に、大学生さんがグリーンツーリズムについてのレポートを書くとかで、それのインタヴューに応えたりして。

そして、夜もふけてきた。
そうしたら、正木さんが、「バーベキューをやりましょう」と。
完全装備のバーベキューセットをもってきた。

男二人で、夜暗くなってから22時頃までバーベキュー。
有機野菜、とくに玉葱は甘くて美味しかった。
焼きそばも非常に美味しかった。
驚きだったのは、食パンをバーベキューすると、とても美味しいということ。

中学生のように、男二人でキャッキャ、キャッキャと盛り上りました。
こういうことを突発的にできるのも田舎暮らしの良いところです。ふふふ。

生コーヒー豆を自分で焙煎

生コーヒー豆を自分で焙煎

僕は昔あまりコーヒーが得意でなかったのだが、オーストラリアで飲んだカプチーノがあまりにも美味しくて、そこから広がって、普通にコーヒーを楽しめるようになった。

研修で一年間お世話になった、発明家の藤村先生は、自家焙煎ツールも開発している。そして、それは市販もされている。

コーヒー豆を入れてシャカシャカとフリフリする。そのうちコーヒー豆がはじける音がして、良い匂いがしてくる。

自分でゴリゴリと粉にして、自分でお湯を注いでいただく。このお湯の注ぎ方でも全然味が違うのだ。不思議。

一杯のコーヒーを入れるのに、煎ることからやると、それなりに時間がかかる。でも、それは贅沢な時間をかけるべき時間なのだ。

現代は便利で、できるだけ時間も手間もショートカットしようとする。そして、数をこなそうとする。でも、数をこなすのが人生の目的なんだっけ?

どういうことが自分の心に喜びをもたらすんだろう。そういうことに時間と手間をしっかりかける。それが本当は人生そのものなんじゃないのかなと思ったりもする。本当のアドベンチャーはそういう心の動きの中にあるんじゃないかな。

コーヒーのはじける音と、漂ってくる素敵な香りにうっとりしながら、そんなことを思う。