オーニング

オーニングってなんのこっちゃと思っていましたが、まぁ簡単に言うと日除けなのですね。日本古来からのですと、ヨシズですかね。あの植物の茎を編んで立てかけるみたいな。オーニングは西洋のもので布を張って日を防ぐわけですね。

日光が部屋の中に入らなければいいと思っていた僕なのです。なのでヨシズもオーニングもしていませんでした。でもね、なんか最近の夏って殺人的ですよね。あれかなぁ、オゾン層が破壊されて日光が目茶苦茶に地球に入ってきているのかなぁ、地球温暖化のせいかなぁと考えてみるのですが、まぁ本当のところはわかりませんな。わからなくても暑いものはアツいのですが。

そんで、これは何とかせねばならん。庇があって日が家に入ってこないのにこの暑さはけしからんと思ってはいたのです。でも、行動せずにいました。そんで、野菜の調整場の玄関に日が直接当るので、ここはいかんなぁと思い。軽い気持ちでオーニング設置しましたぁ。あああああ、もっと早くからやっておけば良かった!!!何これマジで快適!

いったい何か起こっているのかというと、オーニングで地面に大きく日陰ができる。そこの地温が上がらない。そう!キーポイントは地温だったのですよ!単純に部屋に日光が入らなければいいやでなくて、部屋の前に大きな日陰ができ、そこの地温が涼しいことによって、家の中に入る空気の熱も低いままであるということだったのだ!(たぶん)。

なので、垂直に下がっているカーテンでなく、デーンと家の前に張り出しているオーニング様が必要であったわけです。でもまぁ、良く考えてみれば、地温を下げるというのは、地面に打ち水するとかで日本にも昔からある技法ですよね。

というわけで、農業用の遮光ネットを家の前に張ってみました。めっちゃ快適。すごい。でも、これ遮光ネットの下は雑草君にも快適で、そこだけ夏の暑さを避けスクスクと育っている・笑。うーん、来年は防草シートも併用しよう。

しかしこれは、自給生活には欠かせないツールだ。まさにアドベンチャーにおけるオアシス。必需品でございます。