鶏団子。

 

自給的生活をしていると、動物性タンパク質を取ることがなかなか難しい。卵用に鶏を飼っていればそれでいいけど、それでも卵を産まなくなった鶏をツブすときくらいしか機会はない。

そういうときは無理しないで買う。あんまりこだわり過ぎるのもおかしなことになる。いくら細部にこだわったって、ガソリンや電気を使っている時点で完全自給自足ではない。できる範囲で自分のいいなと思う範囲でやればいいのだとおもう。

かといっても、そんなに高いお肉も買いたくない。自給ライフは現金収入は少ないのだ。鶏肉なんかは安い。特に胸肉。そういうお安いお肉を素敵に美味しく食べる工夫が重要になってくる。

そのひとつの重要な技法がミンチ。ひき肉である。薬味を混ぜ込んでもいいし、ハンバーグなんかもつくれる。少ないお肉でも色々混ぜて、カサも増えるしね。

自分でミンチしたお肉は美味しい。酸化してないからだろうか。ミンチマシーンも手動のものは安くなっている。汎用性のあるこういう食べ物は食のアドベンチャーワールドにいざなってくれるのだ。